本文へスキップ

東京工業大学 未来産業技術研究所 都市防災研究コア

国内会議論文(Proceedings)

鋼構造年次論文集       :22編

F-22) 巽 信彦,吉敷祥一,山田 哲,長谷川隆:接合部詳細が引張ブレース構造の力学挙動に及ぼす影響,鋼構造年次論文報告集,第23巻,pp.21-28,2015年11月
F-21) 佐藤亮太,吉敷祥一,山田 哲,李 東錫:鋼材強度の異なる梁端混用接合部が有する塑性変形能力,鋼構造年次論文報告集,第23巻,pp.215-219,2015年11月
F-20) 三木徳人,納所昌広, 山田 哲,焦 瑜,吉敷祥一,山田 哲,長谷川隆:ウェブのモーメント伝達効率が低い柱梁接合部の変形性能評価,鋼構造年次論文報告集,第23巻,pp.401-408,2015年11月
F-19) 岩﨑祐介,吉敷祥一:局部座屈により耐力劣化した角形鋼管柱の簡易な損傷評価法と補修,鋼構造年次論文報告集,第23巻,pp.521-526,2015年11月
F-18) 小嵜慶太,吉敷祥一,脇田直弥:鋳鋼を用いた杭頭半剛接合部の許容圧縮軸力,鋼構造年次論文報告集,第23巻,pp758-762,2015年11月
F-17) 河野由佳,吉敷祥一:耐震補強用ガセットプレート接合部の実験,鋼構造年次論文報告集,第22巻,pp.611-616,2014年11月
F-16) 岩﨑祐介,吉敷祥一:局部座屈により耐力劣化した梁の補修に関する実験,鋼構造年次論文報告集,第22巻,pp.695-701,2014年11月
F-15) 三木徳人,納所昌広,山田 哲,吉敷祥一,長谷川隆:ウェブのモーメント伝達効率が低い梁を有する部分架構の保有性能,鋼構造年次論文報告集,第22巻,pp.749-756,2014年11月
F-14) 李 東錫,吉敷祥一,山田 哲:長周期地震動を想定した現場混用接合形式梁端接合部の実験,鋼構造年次論文報告集,第22巻,pp.781-788,2014年11月
F-13) 河野由佳,吉敷祥一:隅肉溶接の付加による筋かい端接合部の補強効果,鋼構造年次論文報告集,第21巻,pp.553-558,2013年11月
F-12) 三木徳人,山田 哲,吉敷祥一,長谷川隆,焦 瑜:ウェブのモーメント伝達効率が低い梁を有する部分架構の実験,鋼構造年次論文報告集,第21巻,pp.532-539,2013年11月
F-11) 巽 信彦,吉敷祥一:形状変化に着目した山形鋼筋かいの損傷指標,鋼構造年次論文報告集,第21巻,pp.321-326,2013年11月
F-10) 吉敷祥一,上村陽介:塗装剥離に基づく損傷指標の構築に関する基礎実験,鋼構造年次論文報告集,第21巻,pp.285-289,2013年11月
F-09) 吉敷祥一,崔 瑶,浅田勇人,山田 哲:制振ダンパー付き露出型柱脚部における水平スリップに関する基礎検討,鋼構造年次論文報告集,第20巻,pp.175-180,2012年11月
F-08) 吉敷祥一,齋藤 諭,山田 哲:引張ブレースの残留面外変形に基づく損傷評価指標の構築に関する実験,鋼構造年次論文報告集,第20巻,pp.217-221,2012年11月
F-07) 三木徳人,山田 哲,焦 瑜,吉敷祥一,長谷川隆:角形鋼管柱に梁が偏心して取り付く接合部の実験,鋼構造年次論文報告集,第20巻,pp.741-748,2012年11月
F-06) 焦 瑜,山田 哲,吉敷祥一:鉄骨梁塑性変形能力の評価を目的とする実験載荷プロトコル,鋼構造年次論文報告集,第20巻,pp.781-786,2012年11月
F-05) 山田 哲,焦 瑜,吉敷祥一:任意の載荷履歴を受ける梁の延性破壊によって決まる塑性変形能力,鋼構造年次論文報告集,第19巻,pp.239-246,2011年11月
F-04) 山田 哲,吉敷祥一,島田侑子:正曲げを受ける完全合成梁の耐力評価,鋼構造年次論文報告集,第18巻,pp.93-98,2010年11月
F-03) 島田侑子,吉敷祥一,山田 哲:鉄骨造建物の実大振動台実験における計測方法,鋼構造年次論文報告集,第17巻,pp.159-164,2009年11月
F-02) 吉敷祥一,山田 哲:高力ボルト半剛接合部に対する柱の拘束効果に関する基礎検討,鋼構造年次論文報告集,第17巻,pp.81-86,2009年11月
F-01) 山田 哲,渋谷麻理,吉敷祥一:座屈拘束ブレースの鋼管内における充填材と補剛性能の関係,鋼構造年次論文報告集,第13巻,pp.291-296,2005年11月

コンクリート工学年次論文集  : 5編

G-5) 吉敷祥一,吉田正友,橋本智子,小隈幸一:接着系あと施工アンカーの火災後の残存引抜き耐力に関する実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.1009-1014,2015年7月
G-4) 毎田悠承,曲 哲,吉敷祥一,坂田弘安:柱非拘束型の座屈拘束ブレース接合部を有するRC梁の実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.985-990,2013.7
G-3) 毎田悠承,曲 哲,吉敷祥一,坂田弘安:鉄筋コンクリートコッターのせん断抵抗機構,コンクリート工学年次論文集,Vol.34 No.2,pp.613-618,2012年7月
G-2) 浅田勇人,吉敷祥一,山田 哲:ブレースが偏心して取り付く露出柱脚におけるRC基礎立上部の側方破壊挙動に関する一考察,コンクリート工学年次論文集,Vol.34 No.2,pp.1213-1218,2012年7月
G-1) 浅田勇人,吉敷祥一,山田 哲:鉄骨部材とRC部材を接合するアンカーボルトの側方破壊耐力に及ぼす縁端距離の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.32 No.2,pp.1225-1230,2010年7月