Dr. S. Kono

Institute of Innovative Research

Tokyo Institute of Technology

 

大学院進学を考えている学生諸君へ

 

研究の内容:安心で安全なコンクリート系構造物の提案

河野教授は2012年4月に京都大学から東京工業大学に赴任しました.建築学系で「非線形コンクリート特論」や「建築防災特論」など修士課程の授業を担当しています.

 

本研究室では,持続型社会資本形成に必要な安心かつ安全なコンクリート系建築物の構築を目指します.様々なコンクリート系構造物(RC造・PCa造・PC造)を主な研究対象とし,構造材料特性の解明とモデル化・新材料の開発・構造の基礎理論から実務への応用を行います.提案された理論を,モデル試験体を用いた実験で確認しながら研究を進めることが特色です.研究成果は,既存建物に対する耐震診断,耐震補強方法の開発,損傷制御型の新構造システム提案,など幅広い分野で生かされます.興味のある学生諸君は,研究活動に是非参加して欲しいと考えています.

 

研究に関係する論文リストは,Publicationsに掲載されています.最近の主な研究内容は以下の通りです.

・高層鉄筋コンクリート造建物設計に必要な変形性能やじん性能評価

   (説明2016説明2017A説明2017B説明2018

・地震後にすぐに復旧可能な機能維持性能を有する構造システム開発

   (説明2014説明2016A説明2016B説明2017説明2018

・コンクリート杭の構造性能評価と終局安全性確保

   (説明2016説明2017A説明2017B説明2017C説明2017D説明2018A説明2018B

・プレキャスト・プレストレストコンクリート技術を用いた超寿命・大空間構造の提供

・既存不適格RC造構造物の補修や補強技術の開発

・集成材を用いた軽くて丈夫な床スラブシステムの開発

・ファイバーコンクリートを用いた高靭性・高強度コンクリート部材と構造システム開発

・開口や枠柱の有無を考慮した耐震壁の設計法に関する研究

  (説明2014A説明2014B説明2014C説明2015A説明2015B説明2015C

           説明2016A説明2016B説明2016C説明2017説明2018

・高強度材料を用いた部材構造性能評価(説明2014説明2018

・FEM解析を用いた,部材性能評価(説明2014)(説明2016説明2017説明2018

・津波漂流物の衝撃を受けるRC部材の性能評価(説明2014説明2015説明2017

・鉄筋の腐食が部材構造性能に与える影響評価(説明2014

 

東京工業大学大学院修士課程入試における本研究室の位置づけは以下の通りです. 大学院入試を受ける前には,個人面談が必要です.河野に直接連絡して下さい.

・河野教授は,教育上「環境・社会理工学院 建築学系 建築学コース」の所属です.

・入試では,環境・社会理工学院の「建築学系 建築学コース」を選択して下さい.

・受験時の専門科目は,「建築学(共通・建築学コース)」とします.午後の専門では,構造系を受験して下さい.

 

卒業生の就職先:

 清水建設,大成建設,鹿島建設,長谷工コーポレーション,日本ERI,ダイワ,五洋建設,日本原燃,東洋建設,フジタ

 留学生は,海外の大学(Univ. of Blida, Algeria, やInstitut Teknologi Bandung, ITB, Indonesia)

 

 

Copyright(c) 2012-2018 Nishimura and Kono Research Group. All rights reserved.